オグラ歯科医院トップ
電話番号:045-335-3380 横浜市保土ヶ谷区宮田町2-160-2メゾンハマ2F

‘インプラント’カテゴリー

ビスファスフォネート製剤(BP製剤)

2011 年 7 月 25 日 月曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

 

地震で被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます。

皆さん、スフォスフォネート製剤(BP製剤)というのをご存知でしょうか。
これは骨粗鬆症の治療薬として整形外科で出されている薬剤です。
当然骨密度の検査をして骨粗鬆症の診断が下りた時に処方されるものです。
しかし、その副作用として顎骨の破壊、吸収壊死が起きてしまう怖いものなのです。
と言っても、全ての患者さんに起こるものではなく、服用している患者さんに抜歯、切開などの外科的処置を施した時にまれに起こるものです。
患者さんの中には「そろそろ骨粗鬆症の年齢だから予防のために薬を飲んでおいたほうが良い」と言われ、整形外科で処方していただいたと言う患者さんが多いようです。
ちょっと待って!
保険治療は病気を治す為にあるもので、予防だと保険がきかないはず。
なのに保険で処方していると言うことは、「骨粗鬆症」という病名をつけてむりやり保険適応として投薬していることになります。
整形外科医と患者さんとの間にトラブルがないのであれば、保険請求の問題がどうのこうのととやかく言うつもりはありませんが、副作用のことも考えていただきたいですね。
BP製剤を服用されている為、歯を抜かなければならない時、切開をしなければならない時にできない。
簡単に言うと、痛い時に治療が出来ないということになります。
錠剤を服用している方は概ね3ヶ月間薬をやめていただき、体内にその成分が残留しなくなってから抜歯、切開などを行うことになります。
ある患者さんにこの話をしたら整形外科の先生に伝えたところ、「やめてもいいけど骨が折れても責任はとれないよ」などと脅されたそうです。
今日もインプラントのオペを行う予定の患者さんがBP製剤を服用されていたので、お話をして延期することにしました。
痛い時に治療してもらいたいというのは患者さんなら誰でも思うことでしょう。
しかし、整形外科医の「歯ぐらいで…」というエゴで痛いのを我慢している患者さんもいることをちょっとは考えて欲しいものですね。
そして、患者さんも何が正しいのかしっかりと話を聞いて判断していただきたいと思います。

CT

2011 年 5 月 25 日 水曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

 

地震で被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます。

昨日、インプラント手術を行いました。
右上1本のそれほど難しくない症例です。

現在はインプラント手術を希望される患者様は術前術後の診断の為CT撮影を行っております。

今までのパノラマ撮影だけでは奥行きがなく予想とは違った骨形態になっていたり、思ったより病巣が大きかったりすることがあり、それが手術中にわかると手術方法を変更せざるを得ない時もありました。
久保術前-s
しかし、今では術前にほぼ骨の状態を確認でき、インプラント埋入のシュミレーションをしながら骨密度も計測することが出来るので、骨があるなしだけでなく、初期固定の予想も可能となり安心して手術に臨めます
もちろん埋入角度も安全な方向が確定していますので、安心して埋入することが出来ます。
久保術後-s 患者さんは先ほど消毒にいらっしゃいましたが、「痛い」と言う言葉を忘れてしまったのか、「えっと、なんだっけ。あれ、大丈夫だったよ。抗生物質と消炎剤は飲んだけどあれ(痛み止め)は飲まなかった。」と言って笑ってお帰りになりました。
後は1週間後に抜糸(1本)して骨にくっつくまで2ヶ月くらい待つだけです。
仮歯が入っているので、食事も可能です。
やはりメスを使わない(歯肉を開かない)で手術すると患者さんもこちらもあとが楽ですね。

ビネット#2-2

2011 年 5 月 2 日 月曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

 

地震で被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます。


連日の強風の為、せっかくの休みも釣りには行けず…。 29日の休日には家族で映画を見に行ってきました。 「GANTS」を見たのですが、以前ヤングジャンプを愛読していた私としてはかなり面白かったと言う感想です。 日本映画もかなり特撮、CGが進歩して、見ごたえのあるものになっていたように思います。 しいて言えば、物語の主軸になっている「復讐」って何に対する復讐なのかがはっきりしないのでストーリーは…。

釣りにいけないのでプラモの続き。
前回のモックアップから塀の部分を採寸してプラ版で枠を作りました。

ブロック枠
そこに石膏を注いで待つこと数時間。
笠石を作る為に1mmの角プラ棒で枠状に周りをはり石膏を足す。
笠石が固まったら、プラ棒をはずし、レンガの形にセメント部分をケガく。
ケガキじゃ細すぎるし、何を使おうか迷っていたら、タミヤの塗料混ぜ棒の平らな方がぴったりなのでその角を使ってケガくことにした。
ブロックアップ2
レンガの大きさは庭のレンガの寸法を1/35にしてみました。
ヨーロッパはちょっと違うかもしれませんが、そこんところは目をつぶってください。
とりあえずゴールデンウィーク前半はここまで。
相変わらずのろい…。

ホテルに来たみたい!

2011 年 3 月 1 日 火曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

 

今日午後一番でいらっしゃった患者さん。 入るなり第一声「ホテルに来たみたい!
この患者さんはもう7年くらい真面目に検診にいらっしゃっていただいています。
初診時は奥歯が上下左右無く、前歯も崩壊状態。 当時80歳でありながら義歯を1回も入れたことが無く、このままでは残った歯もだめになってしまうためインプラント治療が最善だということをご説明したところ、下顎はインプラント、上顎は予算の関係で自費の義歯にすることになりました。

 

咬み合わせを元に戻し、全ての歯がきれいになり治療の最終日に鏡に映ったご自分の顔、いや歯をみて仰った言葉が「女神様みたい」。
それから3ヵ月後との定期検診を欠かさず通ってくださっています。
しかし、昨年義歯を支えていた歯が歯根破折を起こし、仕方が無く抜歯することになってしまいました。
抜歯後はどのようにするか何度かご相談の時間を設けて、結局臼歯部にンプラントを2本足して義歯の沈下を防ぐ方法で行いました。
インプラントの予後も良好で、今日は義歯の裏打ちのため来院されました。
今ではでも美味しく食べられるそうです。

歯根破折はどうしても予想して避けられるものではありませんが、定期検診にきちんと通っていただければ未然に防ぐか最小限のダメージに押さえることができます。
当医院ではたとえ保険治療であっても手を抜かず自費治療に準ずるきっちりとした治療を行っている為、定期検診に訪れなくても痛みが出たり咬めなくなったりという頻度が低いと思います。
しかしながら、5年ぶり、7年ぶりなどで来院された患者さんは主訴の部位以外にも悪くなっている箇所が多く、時には抜歯も免れない状態の方もいらっしゃいます。

みなさん、検診は必ず受けるようにしましょう!
こちらからもお葉書とお電話差し上げますので。 お待ちしております。

上顎インプラント2011.1.29 腫れない、痛まない

2011 年 1 月 29 日 土曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。


先日の患者さんのインプラントオペを昨日行いました。
本来なら術中の画像を載せたいのですが、かなりシビアなケースだったので撮影をしている余裕がなく、安全の為オペに集中しました。

本日消毒に来られて、ニコニコ顔でした。
まずは第一関門突破!

正面から拝見しても全然腫れていない!
PICT0011-s
痛みもなかったそうです。(ほっと一息)
口腔内を拝見すると…、きれいなもんじゃありませんか!
PICT0013-s
PICT0014-s
左上1番部分はロール法で歯肉を唇側に膨らませているのでやや炎症がありますが、その他は何も異常なし。
PICT0016-s
PICT0017-s
患者さん曰く「しっかり咬むのって5,6年ぶりかしら」
PICT0018-s
PICT0019-s
この方もとても怖がりなので、やる前は義歯にしようかどうしようか散々迷っていました。(先週まで)
でも、やってよかったとすっごく喜んでいただきました。
術後用にご提供している柔らかなレトルト食品も美味しく頂いてくれたそうです。

この1週間、模型とにらめっこしてドキドキの1週間でしたが、患者さんのこの笑みをみると辞められないんですよね~。
これもCTあってのタマモノ。
あとはインプラントがしっかりと骨に結合するのを待つ間に下顎の臼歯部を作っていく予定です。
その後の経過は追ってアップします。

患者さんとCT,そしてフォローしてくれたスタッフに感謝!
ページのトップに戻る