オグラ歯科医院トップ
電話番号:045-335-3380 横浜市保土ヶ谷区宮田町2-160-2メゾンハマ2F

2015年1月のアーカイブ

第14回ハンズオンセミナー開催

2015 年 1 月 26 日 月曜日

 

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長小倉充です。
昨日、1月25日(日)にオグラ歯科医院においてダイレクトボンディングのハンズオンセミナーを行いました。
今回で14回目。
雑誌やFace bookなどで一般公募もしていないのによく続くもんだと我ながら感心しています。
私の治療したダイレクトボンディングをFace bookに投稿しているのですが、それを見て受講したいというドクターが直接申し込み先着4名限定で毎回行っております。
当然講師は不詳私小倉充です。
毎回全国いろいろなところからドクターが私の技術を学びにいらっしゃいます。
一番遠かったのは姫路から。
大阪、京都、名古屋、栃木など本当に遠くから学びに来ていただいております。
今回は大阪1名、東京2名、川崎1名の4名です。

まずは粘土で歯の溝の形を実習します。

まずは粘土で歯の溝の形を実習します。

その中の女性2人(東京と川崎から)は私の大学の同級生で今はお二人とも開業され院長として頑張っておられます。
今回の4名もFace bookを見て申し込んできたのですが、同級生の2人はなんと30年ぶり、そう、卒業以来の再会です。
PCを使った咬み合わせの調整を説明中。皆さん真剣です。

PCを使った咬み合わせの調整を説明中。皆さん真剣です。

デモはマイクロスコープを使ってモニターで見ていただきます。

デモはマイクロスコープを使ってモニターで見ていただきます。

皆さん上手くできました

皆さん上手くできました

午前中は9:00から講義、午後は5:30まで実習と内容の濃い1日を過ごしました。
大人数ではなく4名限定ですのでステップごとに私がポイントを手取り足取り丁寧にお教えし、受講生の皆さんは楽しくかつ充実した1日を過ごしました。
セミナー終了後は、天王町駅前の焼肉屋さんで渾身会を行うのがいつもの決まり。
1日しゃべりまくった後のビールは最高!

1日しゃべりまくった後のビールは最高!

初めて会った先生方も楽しく同じ時を過ごし美味しいお酒とお肉を食べて満足な1日となりました。
参加された受講生の先生方、お疲れさまでした。

すきっ歯、(正中離開)

2015 年 1 月 10 日 土曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長小倉充です。

近頃、うちのホームページをご覧になって来院する方が多くなってまいりました。
その中でも、すきっ歯(正中離開)で悩んでいる方が結構いらっしゃるのに驚きます。

当然、矯正することが一番良いことなのかもしれませんが、矯正するのは気が引けるし費用的にも考えてしまう、短期で治療できないのか、そのような患者さんが多くみられます。

正中離開と言っても、歯が小さい、顎が大きいなどの歯と顎のバランスがとれていない場合と奥歯の咬み合わせが低くなってしまって(奥歯が抜けたままとか…)下顎前歯が上顎前歯を押し広げてフレアアウトしてしまっているのかによって治療方法は違います。

当院では、まず原因を探るべく診査診断をした上、ダイレクトボンディングで修復可能かどうかを精査し、患者さんに詳しくご説明し、納得していただいた上で治療にとりかかります

ダイレクトボンディングが可能と判断された場合、気になる上顎前歯の型採りをさせていただき、石膏模型上でワックスを使用してシュミレーションを行います。
この時、口蓋側(歯の裏側)の形態をしっかり作っておきます。

この位のすきっ歯なら大丈夫!

この位のすきっ歯なら大丈夫!

左右の歯の幅が等しくなるように模型上にワックスアップします。

左右の歯の幅が等しくなるように模型上にワックスアップします。

次にその模型でシリコンコアを作製しておきます。
これが実際にお口の中でダイレクトボンディングを行う時の口蓋側(歯の裏側)の形態となります。

 

模型上でシリコンコアをつくります。

模型上でシリコンコアをつくります。

内面(歯の裏側)はこんな感じ。

内面(歯の裏側)はこんな感じ。

口蓋側に一層の面を作ることにより、キャンパスを作るのです。
空中で築盛するより確実に築盛しやすくなります。

 

シリコンコアを口腔内にあてがったところです。中央の足りない隙間部分に修復をします。

シリコンコアを口腔内にあてがったところです。中央の足りない隙間部分に修復をします。

ほとんどの場合、4~5色のコンポジットレジンを多層築盛し形態と透明感を考慮しながら仕上げていきます。

 

1時間ちょっとで完成です。でも、最低でも2回の来院が必要です。

1時間ちょっとで完成です。でも、最低でも2回の来院が必要です。

アップにすると先端の透明感、表面の質感が自然なのがよくわかります。

アップにすると先端の透明感、表面の質感が自然なのがよくわかります。

この患者さんの場合、将来矯正も考慮したいとのことで、表面を薬品で処理して接着力を増し、ご自分の歯は削らずに仕上げました。
矯正する時はコンポジットレジンの部分だけを注意深く除去すれば元のご自分の歯に戻すことができるからです。

 

全ての正中離開がダイレクトボンディングで修復可能とは限りませんが、ご相談にいらしていただければシュミレーションしご説明いたします。

今まで正中離解を治した方は皆さん非常に満足していただき、性格が明るくなった、口元を気にせず笑えるようになったと喜んでいただいております。

もちろん、今まで歯を見せない笑い方をしてきた方には歯を見せて笑うことができるようにスマイルトレーニングの方法もお教えします。
本当に性格かわりますよ。

ページのトップに戻る