オグラ歯科医院トップ
電話番号:045-335-3380 横浜市保土ヶ谷区宮田町2-160-2メゾンハマ2F

2015年3月のアーカイブ

教えっぱなしじゃありません。

2015 年 3 月 6 日 金曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長小倉充です。

私は患者さんの治療をするだけじゃありません。
私の得意とするダイレクトボンディングをFaceBookに投稿しているうちに、「どうやったら同じように出来るのか」、「どこで教えてもらえるのか」などの質問が全国(海外からもたまにありますが)のドクターから来るようになり、ダイレクトボンディングを歯科医師に教えるようになって前回(1月)で14回目となりました。
たった1日の講習と実習ですが、皆さん楽しく新しい手法を身に着けてお帰りになります。
でも、それっきりという歯科医師もいますが、その中で自分の診療所で行った症例写真をメールで送って来てくれる歯科医師も少なくありません。
そういう時は必ず画像に修正箇所などを書き込んでアドバイスをするようにしております。
今回の画像は1月に受講した東京の歯科医師が、「何かどこかがおかしいので自然観が出ない。どこを直したら良いか教えてほしい。」という画像添付のメールを頂きました。

送られてきた術前の画像

送られてきた術前の画像

同術後の画像

同術後の画像

術前、術後の画像が送られてきたので、術後の画像に修正箇所を書き込んで返送して差し上げました。
ほんのちょっとしたこと、角度や深さが違うだけで自然観が出たり不自然だったり。
難しいのは確かです。
6番の修正箇所

6番の修正箇所

7番の修正箇所

7番の修正箇所

こんな感じでいつもアドバイスさせて頂いております。
特に今回のような上の奥歯の場合は真上から直視することができないのでミラーを使って反対像で作業をしなければならず、困難を強いられます。
患者さんのレベルではなく歯科医師のレベルで自然観が出るようにする。
経験と技術が必要ですが、自分一人で悩むより出来る人に聞いた方が早い場合が多いような気がします。
自分も技工士である弟によくアドバイスをもらっています。
歯科医師や技工士が認めるレベルの仕事であれば、きっと患者さんは満足していただけると思います。
オグラ歯科医院は審美歯科というより自然美歯科を志しております。

ページのトップに戻る