オグラ歯科医院トップ
電話番号:045-335-3380 横浜市保土ヶ谷区宮田町2-160-2メゾンハマ2F

2011年3月のアーカイブ

便利グッズ

2011 年 3 月 18 日 金曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

 

地震で被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます。

一体日本はどうなってしまうのか、いやどうなってるんだ。
大地震の影響で物資輸送がままならないのはわかるが、関東地方は直接ダメージを受けたはずではないのに物資がなくなっている。

メーカーはフル稼働で製品を作っており、宮城県岩手県に工場があるところ以外は通常より製品を作っている。
それなのにスーパーに行っても食料は無く、連日ガソリンスタンドは早朝から長蛇の列。 明日食べる分だけ購入し、買いあさりはやめたほうが良いと思う。
生鮮食料品はちゃんと売っているじゃないか。
米やパスタはそんなに一度に食べられるものじゃない。

もし大地震が来たとしても米を持って逃げることはないと思う。
棚に品物がなくなっていると、群集心理というか一種のパニック状態に陥っているように思える。 気持ちは分からないではないが…。

しかし、ガソリンは違うだろ!

明日遠出して使うわけじゃないし、マイカーに満タンにしたところで何が変わるんだ。
仕事のためにどうしても必要な人と、心配だから入れておく人とは大きく違う。
中にはエンジンをかけたままで自家用車の中で延々待っているお門違いな人もいる。

米だって今年の秋まで備蓄米があるって蓮舫大臣が言っていた。
ガソリンだって備蓄がある。
今本当に必要なのは被災地の方々であって、月に1度乗るかどうかのお飾り車にガソリン満タンはちょっと考え物だ。

電気も寒さが厳しいから大規模停電になる可能性があると政府が一言言っただけで皆が節電に心がけ、停電を回避できたじゃないか。
何でガソリンは必死になって買いに行くんだ? 電気だってガソリンだって普段は無くてはならないものだけど、方や節約することで大規模停電を逃れ、方や物資輸送の迷惑を顧みず朝から並ぶ。

ちょっと変だぞ日本。

そんな中、うちでも大規模停電に備えて家内がかなり昔に歯科医師会の新年会のビンゴで当たった非常用ラジオを引っ張り出してきた。
非常用ラジオ
どこにしまっていたのか知らないが、なかなか優れものである。
手動で電気を起こす事ができ、1分間ハンドルを回し続けるだけで30分くらいラジオが聞ける。
携帯電話のアダプターも付属しており、充電も可能。
その他、ライト、ホイッスル機能も付いており、もちろん電池でも使用可能だ。
こういう物こそ非常時に無くてはならないものじゃないのかな。

本当の非常時にはガソリンはあっても車が出せなければ意味が無いと思う。
私も地震の日以来電車で通勤しているが、今の所不自由は感じていない。
無駄にガソリン買ったり使ったりしなければなんてこと無いって感じかな。
皆さん平和ボケしすぎでしょ!
石原都知事のお言葉じゃないけど、津波と一緒に全て流して、何が重要か冷静に考えるべきじゃないですか?

通常通り診療しております。

2011 年 3 月 14 日 月曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

地震で被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます。 まだ予断を許さない状況が続きますが、皆様のご無事を慎んでお祈り申し上げます。


当医院は計画停電の地域から除外されておりますので、通常通り診療しております。

お見舞い申し上げます。

2011 年 3 月 12 日 土曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

 

地震で被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます。
まだ予断を許さない状況が続きますが、皆様のご無事を慎んでお祈り申し上げます。

ホテルに来たみたい!

2011 年 3 月 1 日 火曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長です。

 

今日午後一番でいらっしゃった患者さん。 入るなり第一声「ホテルに来たみたい!
この患者さんはもう7年くらい真面目に検診にいらっしゃっていただいています。
初診時は奥歯が上下左右無く、前歯も崩壊状態。 当時80歳でありながら義歯を1回も入れたことが無く、このままでは残った歯もだめになってしまうためインプラント治療が最善だということをご説明したところ、下顎はインプラント、上顎は予算の関係で自費の義歯にすることになりました。

 

咬み合わせを元に戻し、全ての歯がきれいになり治療の最終日に鏡に映ったご自分の顔、いや歯をみて仰った言葉が「女神様みたい」。
それから3ヵ月後との定期検診を欠かさず通ってくださっています。
しかし、昨年義歯を支えていた歯が歯根破折を起こし、仕方が無く抜歯することになってしまいました。
抜歯後はどのようにするか何度かご相談の時間を設けて、結局臼歯部にンプラントを2本足して義歯の沈下を防ぐ方法で行いました。
インプラントの予後も良好で、今日は義歯の裏打ちのため来院されました。
今ではでも美味しく食べられるそうです。

歯根破折はどうしても予想して避けられるものではありませんが、定期検診にきちんと通っていただければ未然に防ぐか最小限のダメージに押さえることができます。
当医院ではたとえ保険治療であっても手を抜かず自費治療に準ずるきっちりとした治療を行っている為、定期検診に訪れなくても痛みが出たり咬めなくなったりという頻度が低いと思います。
しかしながら、5年ぶり、7年ぶりなどで来院された患者さんは主訴の部位以外にも悪くなっている箇所が多く、時には抜歯も免れない状態の方もいらっしゃいます。

みなさん、検診は必ず受けるようにしましょう!
こちらからもお葉書とお電話差し上げますので。 お待ちしております。

ページのトップに戻る