オグラ歯科医院トップ
電話番号:045-335-3380 横浜市保土ヶ谷区宮田町2-160-2メゾンハマ2F

2015年11月のアーカイブ

第18回ダイレクトボンディングハンズオン開催

2015 年 11 月 30 日 月曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長小倉充です。

11月29日(日)にオグラ歯科医院でダイレクトボンディングハンズオンが開催されました。

まずは粘土で歯の形を実習します。

まずは粘土で歯の形を実習します。

ハンズオンって?
ハンズオンとは実習形式のセミナーのことです。
講師はもちろん私、小倉充です。
日曜日の朝9時から夕方5時半までみっちりやります。
午前中は講義、午後は実習中心です。

マイクロスコープを使って私が行っているデモを食い入るようにモニターで見る受講生

マイクロスコープを使って私が行っているデモを食い入るようにモニターで見る受講生

受講生側からみるとこんな感じです。

受講生側からみるとこんな感じです。

私のハンズオンは歯科の専門雑誌などに広告は出しておりません。
細かいところまで丁寧にお教えするため4名という少数で行っており、Facebookに投稿している私の症例を見て問い合わせてくる人や口コミだけでやっています。
今回で18回目になりました。
今回は兵庫から1人、東京から2人、栃木から1人の計4名の受講生と聴講生(以前ハンズオンを受けた先生)2人、メーカーからの聴講が一人の参加でした。
今回の先生方も熱心で、昼休みも食後の時間に質問やT-ScanⅢのデモなど休む間もなく1日を過ごしました。

T-ScanⅢはみなさん非常に興味をもたれさっそく買うという先生も。

T-ScanⅢはみなさん非常に興味をもたれさっそく買うという先生も。

受講生に患者さんになってもらい実際の使用方法、結果などを体験してもらいます。

受講生に患者さんになってもらい実際の使用方法、結果などを体験してもらいます。

終了後、天王町の焼肉屋さんで渾身会。
この習慣がたまらない!

この習慣がたまらない!

みなさん1日楽しく過ごしおいしい食事で満足な1日でした。

 

 

定期検診っていいなぁ。

2015 年 11 月 11 日 水曜日

こんにちは。 インプラント、審美歯科の保土ヶ谷オグラ歯科医院院長小倉充です。

歯の治療が終わるとそれで歯医者とはしばらく無縁だと思っている人も少なくないと思います。
風邪をひいて内科に行くのと違って歯科治療は1回で終わるということはまずありません
当然何週間、何ヶ月かかってしまいます。
全体治療となると1年以上かかってしまうこともあります。
でも、必ず今日で治療終了という日がやってきます。
そこで終わりなのは治療(Cure)で、そこからはそれを維持するということ(Care)が始まるのです。

この図の説明は後日掲載します。

この図の説明は後日掲載します。

長い期間治療に通っていたのだから解放されたい気持ちはわかります。
しかし、歯は毎日使うものです。
車だって週1しか乗らなくても車検があるでしょ。
乗っていれば故障がなくてもタイヤは減る。

減ってタイヤは交換しなければ安全に乗れない。
歯はダイヤモンドでなければ削れないくらい硬いものです。
毎日ダイヤモンドを食べている人はさすがにいないとは思いますが、上の歯と下の歯同志が接触しているということは同じ硬さのもので擦り減っていくのは当然なこと。
なおかつお口の中に天然歯、プラスチック、セラミック、銀歯などいろいろな硬さも物が入っていれば当然減り方も違います
かぶせ物をセットする時は慎重に調整し、全ての歯が均等にあたり、且つ邪魔しないように調整します。
しかし、半年、1年と経ってくると軟らかいものから先に減っていき硬いものは残ってしまいます。
歯の当たり方が違ってくると今まで当たらなかったところが当たってきたり余計な力が硬いものを被せた歯に集中してしまい、局所的な歯周病(咬合性外傷)を起こしたり最悪な場合歯根破折で抜歯なんてこともあり得ます。
そういった事故を防ぐためにも3~6か月に1回の定期検診を受診することをお勧めします。

当医院では、患者さんの清掃状態に合わせその人に合った間隔で定期検診のお知らせをお葉書と電話でお知らせしております。

この葉書が届いたらお電話ください。

この葉書が届いたらお電話ください。

その時にただ歯石をとるだけではなく、全体の変化、T-ScanⅢというコンピューターを使った咬み合わせ診断と調整なども行い最高の状態を維持できるよう心がけております。
T-Scanについても後日掲載します。

T-Scanについても後日掲載します。

自費治療を行った方も、この定期検診に応じていただければ補償期間中(入れたものによって違います)は無償で補償いたしております。
先日もダイレクトボンディングを行った患者さんが固いものを咬んでしまったということで定期検診を兼ねて来院。
歯石除去の後、ダイレクトボンディングの補修を無償でやらさせて頂きました。
この患者さん、始めは小さな金属がとれたところをダイレクトボンディングで修復したのですが、その出来栄えにすこぶる感動していただき他の金属部分も全てダイレクトボンディングで修復しました。
何回目かの治療の時仕上がりを見て「癖になるなぁ、これは」と仰って喜ばれておりました。
今回は無償で修復したのを見て「いいなぁ、定期検診」!
無償だから良いのではなく、良いものを長く維持し安心して食べていただきたいからお勧めしているのです。「定期検診」
是非長期にわたって無理なく快適な食生活を送るために定期検診を受診するようお勧めいたします。

ページのトップに戻る